本文へスキップ

レインカーテンの株式会社テクノコア

TEL. 048-291-1001

〒334-0058 埼玉県川口市安行領家1220-5

最先端の技術によって新たなライフスタイルをご提案します

      レインカーテン®は㈱テクノコアの登録商標です

 

猛暑・節電・温暖化対策に!レインカーテン・・自然な涼しさをお届け

弊社オリジナルの人工降雨用ノズル(特許第4711112号)は、
自然の雨(霧雨から豪雨)に近い粒径、降雨量(強度)を、 より低い水圧にて再現できます。
降雨範囲も数センチから、無限に設置可能です。
世界中のノズルを探された各研究機関の方々に認められ選ばれております。

簡単に設置できます
   面倒な配管工事は一切ありません。ホースを水道の蛇口に
   つなぐだけ
シンプル&ユニーク設計
   構造がシンプルなため基本システム(*1)は、とても軽量。取扱いや移動が容易です
   自励振動で周囲約2mの広範囲に水滴径~2mの小雨を散布
   可能です。
フレキシブルなシステム
   スタンド、タイマー等のオプションについても多種ご用意しておりますので、使い方の選択肢も広がります。
   融雪、乾燥防止、防塵等、夏期以外にもご活用できます。
多業種への納入実績有り
   既存の降雨用ノズルは自然に近い降雨を粒径と降雨量の関係から再現するのが難しいですが、
   当社のノズルを使用することにより、乗り物、建築物、その他屋外で使われる物など、
   自然の降雨に対する耐久性、耐水性、視認性、感知性を人工的な降雨を使い、調べるための
   人工降雨装置が各分野で使われ、各メーカーや教育機関などですでに稼働中です。

【納入例①】新潟県三条市防災ステーション(豪雨体験設備)
     豪雨体験シアターで水害の恐ろしさを映像とレインカーテンにより再現。



 平成16年7月13日、平成23年7月29日に発生した
 記録的豪雨による甚大な被害の記録とその恐ろしさを体験
 できる施設です。そのメイン設備でもあるある水害降雨再
 現シアターは、150インチプロジェクター映像及びレイン
 カーテンで構成され、7.13水害、7.29水害のドキュメン
 映像で、緊迫した恐ろしさを表現しております    


 新潟県三条市防災
 センターの詳細は
 こちらへ→



【納入例②】某社電気工事研修施設(可搬式豪雨体験ブース)
レインカーテンで再現された豪雨の中で、効率よく、安全に作業を行うための研修用体験ブースです。可搬式の為、空いたスペースに短時間で設置可能です。
レンタルも対応しておりますので、短期的な研修にもご利用いただけます。 また、可搬、保管性において更にすぐれた簡易型豪雨体験装置(スタンド組立式・テント組立式)や降雨(豪雨)体験カーなども ご用意しております。レスキュー訓練や災害対策体験教育などにご利用ください。            
   
豪雨体験カー(テストコースにて走行試験稼働可)

【納入例③】防災科学技術研究所(積雪後の降雨による積雪荷重の計測実験)
     新潟県長岡市の雪氷防災研究センター構内に設置した実物大の実験用仮設屋根を用いて
     降雪後、レインカーテンにより雨を降らせ、屋根上の積雪荷重を測る調査が
     おこなわれました。
平成27年3月某日、官公庁関係者や多くのプレスを招き、公開実験も行われました。

【納入例④】福島汚染土壌降雨流出シュミレーション試験(東京農工大学)
     東日本大震災に伴い発生した福島第一原発の事故で汚染された土壌を用いて現場環境を再現し
     揺動降雨試験装置(50㎜/hr)によって流出した水と土砂及び放射性物質の流出解析が行われました。

お見積りお問い合わせはこちらまで

低いランニングコスト
電源は不要。停電時でも使用可能です。
使用水量は、わずか0.6L/分(*2)
ホースによる水撒き(12L/分)の約1/20の
使用量
丈夫で長持ち
対候性に優れた主材を採用しており、屋外環境での長期使用が可能です。
(*1)ノズル(2個)/ニップル付ホース/パイプのセット
(*2)水滴径2mmの標準モード、ノズル2本運転の場合

さまざまな用途に展開可能ーレインカーテン新製品ー


粉じん見張り番®

掘削工事現場で発生する粉じんの拡散防止により工事を円滑に進めます。建設メーカーとの共同開発
風向風速計と粉塵計を備え、レインカーテンの自動運転により、良好な周辺環境を維持します。

共同開発をしました東亜建設工業様のリンクサイトはこちら(8/5のプレス発表の内容が掲載されております)


新製品ご紹介リーフレットはこちら
             
 【レインカーテン新製品のご紹介】  【水環境湖沼改善システム(アオコ対策)】
   
 【豪雨装置】  【拡散ノズル】
   
システムは、自社開発したチューブノズルを使用し、より自然に近い雨を再現できる人工降雨システムです。
このチューブノズルは、供給水圧・水量、作用反作用など、いろいろな要素により反復運動をします。
また、1条件に固定すると規則性をもった反復運動を繰り返します。この多種要素反復運動により、自然に近い降雨(上特定場所への滴下)を再現しています。(特許公開番号:2004_105940)
固定ノズルは、莫大な水量、高圧水、設備を必要とし、自然降雨とはほど遠いシャワーや霧状になってしまう事が多いと思います。弊社チューブノズルは、小さく、軽く、低圧、低流量そして簡単に設置できますので、粒径、降雨量、降雨範囲は御使用条件に合わせて様々なレイアウトが可能です。(※一般家庭の水道でも御使用いただけます。)
この簡単な使用条件により、供給設備の簡素化、必要水量の低減、交換ノズルの低価格設定、(主材:ステンレス+シリコン)により、ランニングコスト・メンテナンスコストの大幅な削減及び必要資源を最小限に抑えることができます。

 装置性能

(屋外型設置型)
・降雨粒径 :約φ1~6mm(標準 約φ2mm)
・降雨範囲 :70m × 3m
・使用ノズル数 :約300ヶ
・設置場所 :道路路側帯に高さ3mで設置
・降水量 :送水ライン3系統(2mm/h、5mm/h、10mm/h)
 
(簡易設置型)
・ノズルスタンド :簡易的に設置ができ、水道水の接続で使用できる形式

  実用例

本装置は、降雨範囲の広い定置式とノズルスタンドの簡易型があり用途の規模に合せることができます。
独自のチューブノズルにより自然に近い降雨、粒径、降雨量を実現し、自動車のウィンドウ評価等の乗り物、
建築物、その他屋外で使われる物等の自然の降雨に対する耐久性、耐水性、視認性、感知性を
人工的な降雨を使って調べることができる装置として各分野で使われ始めております。
(小雨から、ゲリラ豪雨を想定した降水も再現できます)

ハウス栽培、ビルの屋上の緑化部の散水、畑、空き地、グランド等に装置の規模をあわせ配置すれば、その場所
における土煙や砂ぼこりを防止するものに適用することも可能です。
(あらゆる自然な雨を想定したTV撮影、映画撮影にもご利用が可能)

また、勿論それ等に限定するものではなく、降雨を必要とする他のすべての場所に適用され、その利用範囲は
広くあり、高圧ポンプを利用し水圧で汚れを落とす等のクリーニング作業にも使用可能となります。

ナビゲーション

バナースペース

株式会社テクノコア

〒334-0058
埼玉県川口市安行領家1220-5

TEL 048-291-1001
FAX 048-291-1005


新製品粉じん見張り番®

新製品熱中予棒
太陽光パネルへの散水



ハウス栽培での散水



建物への冷却散水



ガーデンセット
レインカーテン 
資料はこちら

       
レインカーテン®製品ご案内
専用ノズル 標準タイプ TRCN-ST
レインカーテン®防じんシステム
公益法人日本冷凍空調学会機関誌
「冷凍」掲載レインカーテン論文
(2012.10掲載)

※クリックでpdfファイルをダウンロード
開始致します
        







◇黒臼洋蘭園様◇


◇新潟県三条市防災センター様◇



納入実績
これまでお客様よりいただいたお引合についての一覧は
実績1実績2をクリック
※価格はあくまでも参考価格です。
お客様のご希望の仕様により価格が
変動する旨ご了承ください